Webアプリでも使われているJavaやRudyに対して、Webアプリでの利用目的で作られたプログラミング言語がPHPです。
利用目的がWebアプリに絞られていますので汎用性は低いのですが、スクリプトとしての実行速度はいわゆる平均的な速度だと思います。
特に速さも感じなければ、特別遅くも感じません。

Webアプリでの使用目的ですから、それ以外のところではまず利用されることがないのでライブラリなどPHP対応のものはかなり少ないようです。
使用範囲が限られてくるので、PHPしか使えないようではプログラマとしてはあまり需要があるとは言えません。
将来プログラマとして仕事をしたいと考えているのであれば、C言語やC++を理解した上で学ぶ事を勧めます。
フリーエンジニアが答えるPHP大疑問を見れば、だいたいのPHPの状況はわかるでしょう。PHPははやりの言語なので、習得しておけばかなり役に立つことでしょう。

C、C++が理解できていればさほど時間もかからずに覚える事が出来るようになります。比較的学習時間は短いようです。
また、コードの量が少ないのも魅力の1つのようです。
初めてプログラムをする人でも、かなり印象的なページが作れたりしますし、環境の設定も簡単ですので言語の最初に始める人が多く個人として利用するのには十分なものだと思います。
比較的簡単に習得できるので、扱える人も多いですから求人があっても倍率は高いようです。

Web系のプログラムを主体に考えている人ならPHPが出来ると速く関われますが、Web系ではなく、データ処理などを考えているのであれば急いで勉強する必要はないでしょう。
基本の言語が使える人ならPHPが必要になってから勉強を始めても、時間的にも内容的ににも十分間に合うと思います。
その時になってから勉強する、といった軽い感じでも大丈夫でしょう。
いくつかのライブラリを参考にしておくと分かりやすいかもしれません。